自分の体のために人間ドックを受けてみよう!

普通の健康診断とはどう違うの?

会社で受けるのとは違うのか

まず、会社や学校で定期的に受けるのはいわゆる健康診断という部類になります。
人間ドックは、自発的に受けることが比較的多い検査になります。

一番の違いはなんと言っても、検査項目の多さと言っていいでしょう。
健康診断の場合は、身長測定や体重測定といったオーソドックスな項目をだいたい10~15個ほどを検査します。
しかし、人間ドックはそれらに加え、心電図や超音波検査、さらには各種ガン検査も加えられます。
それらを総合すると、検査項目は百個近くになります。

そして、会社の健康診断は社会保険の関係上、対象者は強制的に受けるようになります。
しかし、人間ドックは強制ではありません。
その人の自己判断で受けることが出来ます。

お金はどうなるのか

また、ほとんどの方が気になっているのはお金に関してだと思います。

会社で実施している健康診断は、社会保険の一部でまかなっているので代金はかかりません。
また、区や市などの各自治体から送られてくるはがきで受ける健康診断の場合は、各自によりますが多少かかります。
だいだい2~3千円ほどが大半の自治体の相場になります。

そして、人間ドックのケースですが、かなりのお金がかかることになります。
しかも、医療機関によって差がある上、検査項目の数も関係してきます。
一万円は優に超えることが大半です。
ですがその分、事細かに隅から隅まで検査してくれます。
そして各種の精密検査も受けることが出来ますので、それを思えば納得の価格と言えるでしょう。


この記事をシェアする